オフィス原状回復工事のコスト削減マニュアル

オフィス原状回復工事のコスト削減マニュアル

「オフィスの原状回復の相場とは?」「オフィスの原状回復の期間とは?」「オフィスの原状回復ガイドライン」「オフィス退去時の原状回復のトラブル」「オフィスの原状回復の範囲とは?」など。

オフィス・事務所の原状回復工事に関する疑問や不安にお答えする『オフィスの原状回復工事マニュアル』シリーズのインデックスとなります。

まずは以下の記事をチェックしてみてください。損をしないための知識を身につけておきましょう。

ぼったくり 被害が横行する 原状回復

原状回復工事において、借主側は専門的な知識がない場合がおおい。ビルオーナー側には専門的な知識があるため、原状回復の際にビルオーナーや工事業者によって ぼったくり が行われる場合があるのです
> 続きを読む

原状回復費が高くなる理由

原状回復費が高くなる理由には3つの原因があります。「中間マージンによって工事費が増えている。」「見積りを見ても高い安いの判断ができない。」「工事が不要な部分まで見積りに入っている。」といった要因があります。不当に高額な見積りを請求されないためにはステップを踏んでいくことで、高額な費用を必要最低限の適正な金額にすることができます。
> 続きを読む

オフィス原状回復の値下交渉が逆効果に

オフィスの原状回復費用は費用が安ければ良い訳ではありません。値下げ交渉をし過ぎて、原状回復そのものが成立せずに、ふたたび再工事をするような事もあります。そうなってしまえば費用は膨れ上がることになります。
> 続きを読む

原状回復費用は第三者の査定で変わる

オフィス・事務所・店舗などテナントの原状回復において費用が高額になるのは原状回復のコスト交渉において「指定業者」と「借り主」だけで進められていること。第三者の専門家が存在しない状況での交渉はうまくいきません。第三者を介入させるメリットとは
> 続きを読む

オフィスの原状回復ガイドラインについて

オフィスの原状回復工事において工事をおこなったのにも関わらず、あとになって問題やトラブルに発展することがあります。「入居テナント側が考える原状回復の範囲」と「ビルオーナー側が考える原状回復の範囲」の認識が違っていることが主な原因です。オフィスを借りる際にはこのガイドラインを一読しておけば、無用なトラブルを避ける事も出来ると思います。
> 続きを読む

オフィス退去時の原状回復のトラブル

オフィスを退去する際の原状回復にまつわるトラブルは様々です。原状回復とは、全ての設備や状態を全く新しい新品にすることではなく「契約当時の状態に戻すこと」です。故意や過失に関わる損傷や汚損に関しては、入居テナント側に負担の義務があるのは当然ですが、契約当時の状態より良い状態にする(アップグレードする)為の費用まで負担する義務はありません。
> 続きを読む

オフィスの原状回復の範囲とは

オフィスにおける原状回復の範囲は、一般的な居住用の住宅とは違い原状回復特約が有効とみなされます。この為、ビルオーナー側と賃貸契約を結んだ時の契約内容によって、オフィス退去時の原状回復の範囲も大きく変化していきます。とくに注意して欲しいのが通常損耗の範囲です。
> 続きを読む

テナントの原状回復工事で費用負担となる区分

オフィス・事務所・店舗などテナントの原状回復工事の費用が高額になる一因として、共用部分など本来テナントが修繕を負担する必要のない場所までもが原状回復工事の内容に含まれている場合があります。そのような事態を避けるためには
> 続きを読む

オフィスの原状回復の範囲、経年劣化は含まれる?

オフィスの原状回復工事の過程の中で、悩む問題の一つに「経年劣化」というものがあります。「建物の壁が自然と剥がれ落ちてくる」「床やクロスが汚れてくる」などといった現象です。オフィス退去時の原状回復工事に取り掛かる際、入居テナント側がまず確認すべきことは、工事の範囲です。経年劣化の部分まで、原状回復工事する必要があったとしても「入居時」の状態が基準となりますので、この点に注意しましょう。
> 続きを読む

オフィスの原状回復の期間はどれくらい?

オフィスの退去を計画するにあたって、原状回復の期間は気になるところですが、期間のことを考える前に確認すべきことがあります。それは工事をスタートするタイミングです。タイミングについては意見が分かれる事があります。「引き渡し期日までに、原状回復を終えるのか?」「引き渡しを終えてから、原状回復にとりかかるのか?」工事にかかる期間をきちんと把握し、余裕を持ってオフィスを退去することです。
> 続きを読む

オフィスの原状回復の相場

オフィスの規模に関わらず原状回復は必須ですが、その相場はオフィスの立地条件や契約内容によって大きく変化します。原状回復コストは意外に高くかかるものです。あとから予想外の金額請求に慌てないためにもオフィスを退去することが決まったなら、なるべく早めに工事の見積もりを取りよせるようにしましょう。
> 続きを読む

オフィスの原状回復、通常損耗はどうなる?

オフィスの退去がきまって原状回復を行う場合において、「通常損耗の範囲まで入居テナント側が負担する必要は本当にあるのか?」この様な疑問を持たれた方も少なくないと思います。まず、通常損耗とは何かを確認しましょう。「通常損耗」とはオフィスとして使用している物件を「通常」使用している時に発生する消耗の事です。 > 続きを読む

原状回復をめぐる訴訟

オフィスなどのテナントの原状回復をめぐっての訴訟トラブル。争点は、主に借主側が負担すべき原状回復の範囲やその費用。訴訟に発展するようなトラブルを防ぐためには…。 > 続きを読む

オフィスの原状回復、判例とトラブル

オフィスの原状回復に関わる裁判と、その判例は多岐に及びます。数多くの判例の中で、争点となっているのは下記の三つが多いと言えるでしょう。「敷金の返還を求めるもの」「工事の範囲について」「原状回復の是非について」この三点に大きく関わる判例の中から、オフィスの正しい原状回復のあり方について考えてみましょう。
> 続きを読む

オフィスの原状回復義務は免れることはできない?

様々な理由でオフィスを退去する時、入居テナント側には原状回復の義務が発生します。契約の内容によってその範囲は変化しますが、原状回復は義務であることが多く、工事そのものが無くなるという事は殆どありません。一般的な居住物件でも、こういった原状回復義務はありますが、オフィスのそれとは少し違います。なぜかと言うと、入居テナント側であるオフィスと物件のビルオーナー側である管理人(賃貸人と賃借人)の関係が「営利を目的とする事業者」とみなされているからです。
> 続きを読む

原状回復の範囲は、どこまで?

原状回復の義務がどこまで借主側にあるのか?退居時ではなく契約時に明らかにしておきましょう。何に気を付ければよいかを知っていれば入居時も退居時も、トラブルを避けスムーズにオフィス移転が可能となります
> 続きを読む

オフィス解約と原状回復の流れ

オフィスを移転する際には、新オフィスの準備と旧オフィスの片づけを並行して行わなければなりません。つい新しい入居先の準備に気を取られてしまいがちですが、契約の解除と原状回復の流れについてきちんと把握し、余裕をもって手続きにあたるようにしましょう。
> 続きを読む

オフィスの原状回復工事費用を安くするには

オフィスなどのテナントを退去する際、原状回復義務があるからと借り主はすべて新品に買い換えなければならないわけではありません。オフィスの使用状況に応じて、より適切な工事手段を選択する事でオフィスの原状回復工事費用が大きく安くなるケースも
> 続きを読む