オフィスの原状回復の相場

オフィスの原状回復の相場

オフィスの退去が決まった場合、原状回復工事の義務が発生します。

オフィスの規模に関わらず原状回復は必須ですが、その相場はオフィスの立地条件や契約内容によって大きく変化します。

原状回復コストは意外に高くかかるものです。あとから予想外の金額請求に慌てないためにもオフィスを退去することが決まったなら、なるべく早めに原状回復工事の見積もりを取りよせるようにしましょう。

さて、気になる原状回復工事の相場についてですが、小規模オフィスの場合、一坪あたり2~5万円ほどになります。中・大規模のオフィスの場合だと、一坪あたり5~10万円ほどになります。

ですが、工事のできる時間が限られていたり、オフィスによっては原状回復の内容によってはこの相場どおりにはいきません。

たとえば、オフィスを完全なスケルトン状態にして返却する場合は相場の値段で収まるでしょう。ただし、本来設置されていた空調機器や照明器具や天井やクロスの張り替えが必要な場合はこの限りではありません。

原状回復工事の費用が予想以上だったなら

「予想していた金額よりかなり上回ってしまった」
「相場と比較しても妥当ではない」

こういった場合は見積もりの内容をきちんと見直しましょう。

破損個所や汚損箇所の修繕は必要ですが、オフィスを契約当時の状態に復帰する事が原状回復です。全てを新品に取り換える必要はありません。

もしかしたらクリーニングで済む範囲もあるかもしれません。契約内容を元に確認する必要があります。

また、次のオフィスで使用しない不必要な家具などの買い取りサービスなどもありますので、こういったものを利用してみても良いかもしれません。廃棄処分をすると、別料金が発生しますのでリサイクルできるものは活用していきましょう。

また、原状回復工事の見積もりそのものを専門家に査定してもらうことも視野に入れてみて下さい。

オフィス側から気付くことのできなかった無駄な部分や、コスト削減ができる部分を指摘してもらうことができます。

相場と照らし合わせて判断してくれますので、査定だけでも利用してみるのも一つの手段です。無料の査定サービスを上手に利用してみるのがオススメです。

相場と比較することが全てではない

原状回復工事は、一般的にビルオーナー側が主導となって進んでいくケースが多く、入居テナント側が積極的に動かないとコストを削減することは難しいのが現実です。

ビルオーナー側から相場以上の値段を請求されても、「それが普通だよ!」と言われると、入居テナント側は泣き寝入り状態で「それ以上、踏み込んだが交渉できない」というケースも少なくありません。

ですが、

  • 契約内容ときちんと照らし合わせる
  • 第三者に精査してもらう
  • 削減できるコストはきちんと削減する

この様な点を意識しておくと、少しでも相場に近付ける事は可能です。

また、安ければ全てが上手くいく訳ではありません。相場以上の金額であっても、本当に必要な原状回復工事で有れば惜しまないようにしましょう。

今後のトラブルの元になってしまっては、意味がありません。

オフィス原状回復費用の相場について解説動画

オフィスの原状回復工事、費用の相場はどれくらい?