オフィス・事務所の居抜き退去サポート

オフィス・事務所の居抜き退去サポート

オフィス・事務所・店舗などの原状回復において、テナントをスケルトンにするには多額の費用が必要になります。

  • 原状回復コストを大幅に浮かせたい。
  • 原状回復工事をおこなわずに退去をしたい。
  • オフィス移転が決まったが、まだ内装が新しい。撤去はもったいない

原状回復とはオフィスや事務所・店舗などを借りたときと同じ状態に戻すことであり、入居したときにスケルトンの状態であれば、退去の際にもスケルトンに戻すことが一般的です。しかし、それが基本的なルールとはいえ、上記のような悩みが生じる場合もあるでしょう。

スケルトンとは、内装設備のない、建物の骨格だけを残した状態を表します。入居した際に設置した天井や壁などは、すべて撤去しなければなりません。このような工事は大規模なものになるため、当然費用は高額になり、施工期間も長くなります。

しかし、オフィスなどを退去する理由やタイミングは様々ですから、当然内装や設備がそれほど古くなっていない場合もあります。

高額な費用をかけてそれらを一度すべて取り壊し、次に入居するテナントがまた高額な費用をかけて同じような内装に工事する。なんだか、非常にもったいないことではないでしょうか。

大幅に費用を削減できる居抜き退去をサポートします。

原状回復工事には、このような問題を解決できる「居抜き」という選択肢があります。

居抜きとは、前の入居者が使用していた内装や設備をそのまま次の入居者が利用することです。利用可能な設備をそのまま残しておくことができるので、大規模な工事をする必要がなく、原状回復工事費用は大幅に削減されます。

居抜きにおいてメリットがあるのは退去する側だけでなく、新しい入居者も同じく移転前の大規模な工事が必要なくなり、費用と施工期間を縮小することができます。また、居抜きはオーナーにとっても、手間をかけずにすぐ次の入居者が決まるため、オフィスなどのテナントが空白になる期間がなくなるというメリットがあります。

居抜きの成立において重要なのは、できるだけそのままに近い状態でオフィスや事務所・店舗を利用してくれる次の入居者を見つけることです。お互いの希望が合致していればいるほど、双方にとってのメリットは大きくなります。そのため、居抜きは両者のマッチングが非常に重要になるのです。

当サイトは複数の大手不動産会社と提携しており、各社には居抜きでオフィス等に入居したいという声が多数集まっています。そのため退去者と入居者とのマッチング率も高く、居抜きによる原状回復工事費用の削減に成功しているのです。

「原状回復工事の際にはスケルトンに戻すこと」と決まっていても、次の入居者が見つかれば居抜きでの退去が可能になる場合もあります。

ビルオーナー側との交渉についても、私たちが徹底的にサポートいたします。退去者・入居者・オーナーの三者が納得できる形での、オフィスの居抜きを可能にします。

居抜きで退去することは可能か?無料でご相談ください。

まずは「オフィスや事務所・店舗の原状回復についての規約がどのようになっているか」「通常の原状回復工事を行うにはどれくらいの費用がかかるか」などの疑問点を明らかにして、居抜きでの退去が可能かどうかを診断いたしますので、無料相談をご依頼ください。

居抜きをサポートさせて頂くことになっても、初期費用や着手金などは一切必要ありません。当サイトのサービスは、コストダウンできなければ1円も頂かない完全成功報酬型です。

居抜きの成立には、ビルオーナーとの交渉を行い入居者の募集をかける必要があります。そのため退去まで期日が迫っていると、居抜きという方法を選ぶのは難しくなってしまいます。どうぞ、なるべくお早めに一度ご相談ください。

居抜きオフィスについて解説動画

原状回復工事が無い、居抜きオフィスで退去。なぜ失敗が多い?