アパートとは

アパートとは

賃貸物件から退居する場合、汚れた箇所や壊してしまった箇所を直してから退居しなければなりません。これを原状回復義務と言いますが、入居する際に発行される賃貸契約書にうたってあります。修理した費用は、自然に劣化したものは大家の負担になりますが、故意に壊してしまったものなどは借主の負担になります。この境目も曖昧なところがあり建物の管理会社ともめる要因にもなります。通常、壁紙の汚れ(たばこによる黄ばみも含む)鴨井にくぎを打ち込んだりしたキズ、ふすまや障子のやぶれも原状回復の対象なります。かかった費用は納めておいた敷金から差し引かれます。敷金は入居する際に原状回復する費用に充当する意味合いで大家が保管してお金です。修理した費用の方が敷金より多ければ差額を支払わなければなりません。テナントや一戸建ての住居などの賃貸物件も同様で、入居者はアパートを借りる時から賃貸契約書をよく読み原状回復義務を理解したうえ、退居することも考えて生活する必要があります。