アンボイド工法 とは

アンボイド工法 とは

アンボイド工法とは、垂直方向からの荷重を支える床スラブにピアノ線状の鉄鋼を通し、弦楽器の弦のように張りつめさせてスラブを固定する工法です。

建物の荷重を柱と梁で支える構造では、床スラブの振動やたわみを抑えるため、室内に小梁を設置する必要が出てきますが、この工法であれば小梁のない大床構造にできます。部屋の使い方の自由度が上がり、圧迫感が減ります。

欠点としては、床の遮音性が落ちてしまうので、カバーのために床スラブを厚くする必要が出てきます。