オーナーチェンジとは

オーナーチェンジとは

オーナーチェンジとは、賃貸物件の所有者が入居者との契約を継続した状態で、マンションなどの物件を売買したり譲渡することです。入居者が居ない状態で賃貸物件が売買された場合には、この呼称は使いません。ポイントは、賃借人が居住している状態で、所有者が変わるところです。

賃貸物件を投資先として探している人にとっては、既に入居者が確保されている状態で不動産を購入することができますし、賃借人との契約内容が確定していますので、不動産購入後の収益計算をしやすいなど、多くのメリットがあります。

しかし、当然のことながらデメリットもあります。物件の前所有者が借り主と結んだ契約をそのまま引き継ぎますので、現居住者が退去する際には敷金の返還義務が生じます。また、購入しようとしている不動産の状態を正確に把握することは困難です。借り主が居住している部屋は基本的に見ることができないため、退去後に想定外の原状回復費用が生じる可能性もあります。