一般定期借地権とは

一般定期借地権とは

一般定期借地権とは、1991年の借地借家法改正により新設された定期借地権の一つです。

借地権の存続期間は50年以上でなければならず、書面による契約が必要とされています。
また、借地権を設定する際、借地人は地主に対して、契約の更新や建物の買い取りを請求することができません。

建物の再建による期間の延長がなく、契約期間満了後、借地人は土地を更地にして地主に返還することが決められていて、借地権は確実に消滅します。