内金とは

内金とは

内金とは不動産や商取引等の場面で一般的に多く使われています。契約時に代金の一部として扱われます。不動産や商取引の際には重要な役割を持ちます。

売買契約が成立した場合に、商品がお客様に引き渡される前に売り主に対して支払われる代金の一部です。購入を約束したのと同じです。

住宅等の高額な商品の場合には売主にとっては、突然のキャンセルなどが発生すると大きな損失となりますので、前もって受取っておくことで、損失を防げる効果があります。