印紙税とは

印紙税とは

印紙税とは取引等の文書に経済的利益のあると推定されるもの、または取引事実が明確化し、法律関係が安定化する広範な文書に対する文書課税のことを言います。

課税文書は不動産などの譲渡契約書、土地の賃借権の設定または譲渡契約書、金銭消費貸借契約書など20種類あり、200円から60万円の範囲で課税することになっています。

納付は収入印紙を課税文書に貼り付け、収入印紙と文書にかけて消印されることで、納付したことになります。