違約金とは

違約金とは

何かしらの取引がある時にはトラブルが起こらないよう契約を結ぶことになりますが、その契約をどちらかが違反した場合に、違反した側が契約を結んだ相手に支払わなければならないお金を、違約金といいます。

契約を結ぶ時に取り交わす契約書にその金額を明示することで、損害賠償を請求する際、その金額を提示する理由の証明として利用できるようになります。

しかし、予め金額を決めておく場合には、実際の損害の度合いに関わらず、その金額分の請求しかできなくなります。”