頭金 とは

頭金 とは

頭金は契約が成立した時に、契約を実行する証拠として相手方に支払うお金のことです。代金の一部として、ある程度まとめて現金で支払われるのが一般的です。支払った残りは、ローンとして支払います。

始めに多く支払うことで、後のローンの支払いが少なくてすみます。また、金利の適用においても2割りほど先に支払うことで、低い金利を適用するところもあります。また、将来売却などをする場合でもスムーズに行いやすくなるなどのメリットもあります。