A工事【工事区分】とは

A工事【工事区分】とは

オフィスの工事区分は3つに分かれています。A工事とはオーナーの費用負担でオーナーが施工する工事のことを言います。

ビルの躯体、壁、床、天井、扉などの建物自体を工事することです。階段やエレベータなどの共有部分や照明、防災など標準的に備えつけてあるものも含めます。

施行部分の設備の所有権はビルのオーナーになります。B工事はテナント費用負担でオーナーが施行する工事、C工事はテナントが費用負担、施行もする工事です。