SPCとは

SPCとは

SPCとはSpecial-Purpose Companyの略で、特別目的会社と訳されます。

主に金融機関や事業会社が保有する不動産、債権などを有価証券として発行することで資金を調達するペーパーカンパニーとよばれる会社のことです。

資金調達をするために利用する仕組みといえますが担保資産を一度隔離することで倒産などのリスクを抑える等の目的にも使われています。

日本では1988年以降設立できるようになり、2000年の法改正を経て様々な用途に活用されています。