ビルオーナーとは

ビルオーナーとは

ビルオーナーとは、一つのビルを所有している人のことです。アパート、マンション、商業施設、ホテルなどいろいろな種類のビルがありますが、それらのビルを持っている人は、オーナーと呼ばれます。オーナーはそのビルを人に貸すことで、利益を得ています。実際に利益を得るために必要な物なので、それを借りた人は借りた部屋を元の状態に回復してから、返却しなければなりません。例えばオフィスとしてあるビルを使った場合は、そのビルをオフィスを設置する前の状態にしてから、オーナーに返却する必要があります。業者を雇って、費用を支払って原状を回復した場合でもオーナーが満足しない場合はさらに業者に頼んで、原状回復の工事をしなければならないことがあります。原状回復の義務は民法で決められていますが、テナントとオーナーの意見が一致しない場合もあります。そんな時は話し合いで問題を解決することになりますが、話し合っても解決しない場合は、借りた人は原状回復の工事を請け負う業者に相談するのが良い方法です。