不動産証券化とは

不動産証券化とは

不動産証券化とは、不動産からの運用益や売却益となる、いわゆるキャッシュフローを投資家に分配することを約束し、証券を発行することで投資家を募ることをいいます。代表的なものとしてはJリートが知られていますが、ここでは法的には利益のほとんどを投資家に還元することが求めれるために投資利回りに関しても高くなる傾向があります。

不動産は、一般的にはその価格が高額であるために投資においては流動性の低い財として分類されていますが、ここでの流動性が低いことは、売りたい時に売ることができないというリスクを負うことになり、そのために株式などとは異なり購入する対象者も限られてしまいます。

不動産の証券化では所有権を小口化して出資持分にしたり、キャッシュフローから受ける権利を証券の形にすることによって流動性を高め、実物件とは異なり低額からの投資を行うことができるために多くの人が利用しやすくなります。

また、投資する側においても、実物件に必要となる管理面などのコストをかける必要がなく、物件保有者に関しても低コストでの資金の調達や賃貸借対照表から落とすことができるなどのメリットがあります。