古家付土地とは

古家付土地とは

古家付土地とは、本来は築年数が35年以上たっている住居が土地の上に残っている場合をさしていました。

しかし、日本の不動産市場の現在に至っては、築年数10年を経過すると極端に家屋そのものの価値が下がってしまうために、現に人が居住していたり、まだまだ見るからに十分に住むことが出来ると考えられる家屋であっても、販売物件の広告上の表現では古屋付の土地と称されることが一般的となっています。

その場合、資産価値としては土地のみの価値としてしか評価されないのですが、古屋を解体して更地とする場合と比べると、古屋が建っている状態の時と違って、固定資産税という税金が数倍高く課税される実態があるので、なかなか古屋を解体することがありません。

このような土地を購入して新築を検討している場合は、古屋などの解体費用およびその他の費用の見積もりをとることは非常に大切であり、それが適正な金額なのかどうかを知ることも大事なことです。