媒介契約とは

媒介契約とは

不動産会社に住宅の売却を依頼する時には契約を交わして、販売活動を通じて購入希望者を探して貰う方法が在ります。

これは仲介を依頼すると言う事であり、不動産会社との契約は媒介契約と呼ばれるもので、この契約を交わすことで不動産会社は販売活動を開始させることが出来ます。

尚、この契約には一般媒介、専任媒介、専属専任媒介と言った3つの契約スタイルが在るのが特徴で、一般媒介は複数の不動産会社と契約を交わすことが出来るのに対し、専任媒介や専属専任媒介などの場合は、契約を交わすことが出来るのは1社のみと言った違いが在ります。

尚、専任媒介と専属専任媒介の違いと言うのは、依頼主への報告義務のタイミングの違い、自ら購入希望者を探した場合の自己発見取引が認められるか否かなどの違いになります。

依頼主への報告義務は一般媒介の場合は在りませんが、専任媒介の場合は2週間に1回以上、専属専任媒介の場合は1週間に1回以上の報告義務が在り、自ら購入希望者を探した場合、専任媒介の場合であれば自己取引が可能で、専属専任媒介の場合は不動産会社を通しての取引になると言った違いが在ります。