普通借家契約 とは

普通借家契約 とは

不動産会社を通してアパート等の賃貸物件を借りる際は、賃貸借契約を締結することになります。賃貸物件の契約には大きく分けて二つの種類があり、一般的に行われているのは普通借家契約です。この場合は定期借家契約とは違って一定期間だけ物件を賃貸するという契約ではありません。

入居者側が希望すれば更新することができます。更新の頻度は物件によって違いますが、二年ごとの更新に定めている物件が多いでしょう。オーナー側から契約を解除することは、滞納等の事情がない限りほとんどありません。