本換地とは

本換地とは

本換地とは、換地とも呼ばれ、土地区画整理事業において、区画整理前の土地の代わりに交付される宅地のことをいいます。

土地区画管理事業において在地は従前と従後では、形や面積位置などが変わってしまうため従前の在地の代わりとして換地が新しく交付されます。換地は、換地計画によって、従前の宅地と地質や水利、環境などが照合するように定められています。

換地は、従前と従後において地籍や利用状況などが考慮され、なるべく同じように工事が完了した後に行われる換地処分によって正式に決められますが、計画段階で決められた仮の換地(仮換地)がそのまま、換地になるケースも珍しくありません。

換地を定める処分を換地処分といい、換地処分の広告日の翌日から、換地に建物を建てたり、水道や電気などの設備を利用することが認められています。換地処分が行われると、従前地が持っていたものと同じ権利が換地に対して認められます。そのため従前地が追っていた制限なども換地に適用されてきます。