非飛散型アスベスト処理とは

非飛散型アスベスト処理とは

環境省は、非飛散型アスベスト処理が適正に成されるように、排出事業者や廃棄物処理業者などの関係者に周知、徹底に努めています。

非飛散型アスベストは、耐熱性に優れ、薬品物にも対応できる性質から、建設業界で盛んに利用されていました。アスベストは材料としては優れていましたが、作業従事者にとっては有害物質でした。

作業中にアスベストから舞う粉塵を吸い込むことにより、肺がんなどの肺疾患や中皮腫などをを引き起す危険性のあります。そのため、その処理は適正に行われなければいけません。