公示価格とは

公示価格とは

土地の本来の評価を表し、客観的な判断で評価された目安の価格として公示価格があります。価格評価の方法としては建物が建っている場合でも建物の評価は除いて行われることになり、ここでは土地のみの価格の評価が行われます。

評価の基準としては最新の土地取引の事例や、その土地における将来的な収益性を分析して評価されることがあり、1地点に対して2名の不動産鑑定士がそれぞれに評価を行います。そして、国土交通省の土地鑑定委員会で地域のバランスなどが検討されて最終的な決定がなされることになっています。

公示による評価の対象となる土地は、その地域の標準的な土地を対象として決定されることになりますが、ここでの評価額は土地の売買をする際の目安とされたり、公共用地の取得価格の評価に利用されたり、また、企業等の資産の時価評価や固定資産税評価、他にも相続税評価などの目安とされるために重要なものとなります。活用することによって、例えば自分の土地の価格を知ることができるために、売却を行う場合などにおいてもおおよその値段を知ることができるようになっています。