共用部分とは

共用部分とは

マンションと言うのは共有住宅と言われています。

共有住宅と言うのは、複数の世帯が1つの建物の中で生活をすることであり、マンションの土地の所有権は専有面積の割合で定められることになります。

専有面積と言うのは、マンションの住居部分の面積であり、ベランダや専用庭、ルーフバルコニーなどの部分を除いた部分で在り、いわゆる共用部分を除いた場所になります。

尚、ベランダと言うのは一見所有権を持つ部分のイメージを持つ人が多いのですが、ベランダには避難用の梯子や緊急時の通路として利用する部分でもあり、住居の所有権とは異なる共用スペースでもあるのです。

共用のスペースは階段、マンションのエントランス部分、エレベータホールや廊下などのように、住居に住む人々が共用する部分の事をこのように呼んでおり、マンションのベランダについても緊急時の避難路として利用する事からも、所有権は無くマンションに住む人々全員の共用スペースになっているのです。