原状回復義務とは

原状回復義務とは

原状回復義務とは、賃貸物件を借りた場合において、契約を解除するさいに借りる前の状態に戻す義務のことです。解除は任意の解約のほか満期による解除がありますが、いずれの場合においても原状回復することが求められます。ただし原状回復といっても借りたままの状態にする必要はなく通常、使用する上で損耗した場合にはその対象とはなりませんが、故意や過失などによって損耗してしまった場合には義務を果たす必要があります。

多くの場合には賃貸物件を借りたさいの保証金が費用として捻出される傾向にあり、保証金が返ってこない理由の原因ともなります。また原状回復はオーナーが手配することが多いため、本来は生活による損耗程度であるにも関わらず、それらの修理費用も請求されるケースもありトラブルの原因ともなります。

なお、義務は存在するもののあくまでも双方の合意のもとに行うのが基本であり、原状回復をしないケースもあります。特にビジネス用途に使用するテナント物件では、設備をそのまま次の契約者に譲渡とする居抜きという方法もあり、この場合には原状回復をしない、または最小限にすることが可能です。