原状復帰とは

原状復帰とは

原状復帰とは不動産賃貸の契約の時に良く使用される言葉で、アパートやマンションを借りている場合、借りている人は賃貸借契約終了時に貸している人に対して明け渡す時、借りた時の状態にして返す義務があり、そのことを指す言葉です。原状回復も同じ意味に使われます。

現状復帰を使用すると意味が異なることになるので注意が必要です。現状復帰は今の状態をさし、今の状態に元に戻す意味になります。アパートやマンションを借りている場合は元の状態にして返すことになり、間違えた使い方になります。

賃貸契約は、貸す側と借りる側の双方の合意に基づいて行われますが、退去時において、貸した側と借りた側のトラブルの原因になるのは元の状態に戻して返すことをめぐる問題です。近年は賃貸契約のトラブルを防ぐための基準を示すガイドラインの位置付けがなされています。契約にそって行うようになっており、基本的には室内清掃で済む場合は使用されない言葉です。