固定資産税とは

固定資産税とは

固定資産税とは、市町村が課税する地方税で、土地や建物といった不動産以外にも、0ナンバーや9ナンバーなどの大型クレーンじゃなども対象になる税金です。

1月1日に所有権がある人に課税されるもので、原則途中で名義などが変わっても課税先は変わらずに納税の義務はその年度は続きます。また、固定資産評価額と呼ばれる固定の金額があり、その金額が基準となって課税額が計算されます。土地や建物は、一定のルールによって減額がされる場合があります。