固定資産税評価額とは

固定資産税評価額とは

固定資産税評価額とは、固定資産税だけでなく都市計画税や不動産取得税、相続税、登録免許税を算出するのに使われる金額です。国は固定資産評価基準を定めており、これに基づいて市町村が計算しています。

不動産会社などで取引される売買額を考慮しないので、市場に左右されません。土地は時価の60%~70%で、建物が建築費の50%~70%です。70%という数値は、評価額自体が税金を徴収するために簡易的に設定されているためです。100%にすると不当に高い税金を徴収される可能性があり、納税者の不利益を防ぐ目的があります。評価額は3年ごとに改定されます。

建物に関する建築費は変わりませんが、土地は価格の変動がありそれによって納める税金も変わります。各市町村の税務課には固定資産課税台帳を所有しており、職員に希望を伝えれば中身を見ることができます。ただし土地や建物を所有する本人や委任状を持っている人しか閲覧を許可されないこともあります。