工事保険とは

工事保険とは

工事保険は、施工業者側から見た場合には建物の建築工事中に工事現場等で不足の事故などによって損害が生じた場合に対応して事前に加入する内容となりますが、住宅などでは、購入者側から見た場合には、いわゆる瑕疵担保に関しての内容を取り決めたまもりすまい保険や住宅完成保証制度を指して保険とする場合もあります。

工事現場における内容としては、ビルや住宅などを主体とする工事を対象として加入されることになり、主に内容としては、火災や爆発、落雷によって生じた損害や、台風やせん風、暴風や暴風雨などがあり、盗難や第三者に損失を与えた場合や設計、施工、材質などの欠陥が原因で生じた損害に関しても保険金が支払われることになります。住宅の購入者に関しての内容としては、まず、住宅完成保証制度では工事途中で施工業者が倒産などをして工事ができなくなってしまった場合には完成までのサポートが行われることになり、まもりすまい保険に関しては、新築引渡後、定められた内容に関して10年間の保証義務が提供されることになります。