工事監理 とは

工事監理 とは

工事監理という言葉ですが、監理と似ているとされています。但し、両者は全く異なる概念となります。この言葉ですが、建築士法第二条七項で定義される建築士が行うことができる独占業務のこととされています。工事を設計図書と照合及び確認したりする業務をいいます。つまり、確認業務のことです。

監理についてですが、これは、当該用語と比較するとかなり幅広い業務となります。監理は、国土交通省の告示に示される標準業務に、標準業務に含まれない追加となるものを加えたものをいい、行えるのは建築士です。なお、施工管理については、現場監督となる人が行うもので建築士は対象外となります。