建設リサイクル法とは

建設リサイクル法とは

建設リサイクル法とは、建築工事や取り壊し工事を行う際に出てくる大量の産業廃棄物を適切に処理をしてリサイクルをしなければならないという法律です。

アスファルトやコンクリートなどの特定建設資材をしっかりと分別して解体することで資源の有効活用をしていかなければなりません。

ゴミを埋め立てる場所も容量がなくなっているのもそうですが、限りある地球の資源を有効に使う必要があります。産業廃棄物の多くはリサイクルすることができます。