建設協力金方式 とは

建設協力金方式 とは

建設協力金方式では、テナント業者が建設協力金を土地の所有者に差し入れ、土地の所有者はその金銭を使って建物を建設するという方式です。

この方式では、土地の所有者は、建築に関する初期の金銭的な負担の少ない状態で、土地の有効活用が行えます。

その為、金融機関からの借入をほとんど行わずとも、建物の建設が出来るというメリットがあります。

また、建設協力金を支払うテナント業者は、建物の完成後一括借り上げを行う事から、空き店舗の心配が不要です。