機械警備 とは

機械警備 とは

機械警備は施設に異常を感知するセンサーやモニターを取り付けることで、24時間監視を行うことを可能としていて、建物への不審者の侵入を妨げたり、火災などが発生した際にいち早く警備会社や管理人・住人等に通知することができるため、より安全で安心できる環境に保つことができます。警備員などの人員を配置する必要がなくなるため人件費がかからなくなり、施設の利用者も常に監視を受けているストレスを感じにくい特徴があります。