現状回復義務 とは

現状回復義務 とは

賃貸契約が終了して部屋を明け渡す時に、借りる前の状態に戻すことを現状回復義務といいます。

ただし原状回復についてはどこまで回復させるのかが問題になります。国土交通省のガイドラインでは、通常の住み方で発生するような劣化、例えば家具の設置などによる凹みやエアコン設置で必要な壁のビス穴などは貸主の負担であり、不注意による傷やシミ、手入れをおろそかにしたための汚れなどは借主の責任で直す必要があるとされています。