競売とは

競売とは

金融機関などの債権者が、借入金の返済が不可能になった債務者から提供されている担保を売却することによって、債権を回収するシステムを競売といいます。実際に担保となっている不動産などを強制的に差し押さえて売却するのは、債権者から申し立てを受けた裁判所です。

売買はオークション形式で行われ、その情報は公開されます。物件の最低売却価格は不動産鑑定士によって決められますが、一般的に販売されている価格よりも非常に低く設定されます。落札価格も市場価格に比べて安く落札されることが多く、そのために債務者の返済額も抑えられてしまうというデメリットがあります。当然、借入金を全額返済するまで債務は消失しません。

逆に、メリットも存在します。例えば、不動産の所有権が移転する場合や、抵当権を登録したり抹消する場合には、それぞれ登記を行う必要があります。こうした複雑な手続きを裁判所が行うため、契約に違反する可能性は皆無です。