経営事項審査とは

経営事項審査とは

建設工事業者が公共工事への入札参加を希望する場合に、必ず受ける必要となるものに経営事項審査があります。施工業者の間では、けいしん、として広く知られており、公共工事を行うにあたっては建設業許可証とともに重要な内容のものとなります。

国や県、市町村や公社といった機関から直接に工事を請け負いたい業者は、該当する自治体に対して入札参加資格申請の提出をし、資格の取得をする必要がありますが、ここでは、それぞれの業者に、能力や企業規模によって格付けがなされており、その格付けは、けいしん、を基にして行われます。

具体的な審査の内容としては、まず、工事高や自己資本などの経営規模に関する内容があります。次に、技術職員の人数から成る技術力への評価、営業年数や事故歴、社会保険への加入状態などを審査する社会性の確認、そして、財務諸表を基にした収益性や安定性などの経営状況に関しての分析が行われます。それぞれの項目には定数が定められており、そこでの評価点数にかけ合わせられた点数の合計点が格付けの基準となります。