経年劣化 とは

経年劣化 とは

経年劣化とは、設備などが年月が経つことによって古くなることをいいます。例えば、壁紙は年数が経てば色があせてきたり、場合によっては亀裂が入ることやエアコンの能力が落ちるとか、フローリングのつやがなくなるなどがあります。通常経年の劣化であれば、借主が退去時にその原状回復費用を支払うことはありません。借主の故意過失による設備等の汚損や破損は支払わなくてはなりません。借主か貸主どちらが負担するのかは一般的に話し合いで決めますが、ガイドラインはあります。