許容応力度とは

許容応力度とは

建物には目に見えない様々な力が加わっています。そのためこの様々な外力に対して生じた応力によって、建物の部材が壊れないように安全な強度が定められています。この強度のことを許容応力度と言います。

代表的なものをあげると、上から下へとかかる圧縮や、外への引張り、また曲げやせん断、さらにはめり込みや付着等があります。これらの様々な力が建物に加わっても定められた強度が守られているなら、建物が倒壊することはありません。