軽量鉄骨造 とは

軽量鉄骨造 とは

軽量鉄骨造とはプレハブ工法とも呼ばれ、軽量鉄は価格が安く加工ししやすいため建築費が低コストになり、工事にかかる時間も短期間で済みます。

一戸建て住宅や低層の集合住宅で多く、重量鉄に比べれば耐震・耐火性能は劣りますが、木材や合成樹脂よりも耐久性に優れています。法定耐用年数は27年で、あまり長持ちする家とは言えません。

基本的な枠組みを重量鉄骨で造り、その他の部分では軽量鉄骨を使うなど、用途に合わせて組み合わせる事も可能です。