マンションとは

マンションとは

マンションとは各住戸が分譲方式によって配給される鉄筋コンクリート造りの中高層(2階建て以上)の共同住宅のことを言います。区分所有方に基づいて、分譲の集合住宅のことを言います。

1960年代から住宅業者が高級感をうたって使い始め、中高層アパートの呼び名として現代社会に定着しています。2000年12月、管理適正化推進法によって、複数の区分所有された住宅専用部分を持つ建物と定義され、以降単純に分譲を指すようになりました。

本来の英語の意味では大邸宅、大地主の邸宅の意味があり、分譲の場合の正確な英語はコンドミニアム(condominium)、賃貸の場合はアパートメントハウス(apartment house)と言います。アパートはエレベーターがついていないもののことをさし、木造や鉄筋の造りで比較的戸数の少ないものをいいます。建築基準法ではアパートとの明確な違いはなく、共同住宅という定義で一緒にされています。