免震とは

免震とは

日本は地震大国ですから地震対策は外国と比べるととても厳しくなっています。地震対策の内、一番すぐれているという評価があるのが免震です。これは建物と地面の間に特殊な地震の揺れを吸収する装置を設置して、装置の上にある建物に揺れが伝わらないようにするシステムです。実際に地震が起きた時も地面が揺れても、上にある建物には揺れが直接伝わらないので、例え高層ビルのような建物でも揺れを少なくすることが可能です。

ですから家具が転倒する可能性やガラスが割れて飛び散る可能性、さらには人が立ってられないような状態になる可能性を低くすることができます。このように地震による建物の倒壊や家の中の物が倒れたことによるケガ、火事などの二次災害のリスクを軽減することができるので、命や財産を守ることにつながります。ただし欠点としては装置を設置するためのコストが高いということがあります。現状では耐震構造の住宅が多いのもそのせいです。