免震構造とは

免震構造とは

日本は地震大国であり、日本において建てる建物は、中に住む人間の命を守るためにも、最低限地震に対して耐力がなければなりません。建物を頑強にして地震の揺れで揺さぶられても壊れないようにすることを耐震構造と呼び、その構造強度により耐震等級1~3という風に呼ばれます。

それに対して免震構造とは、建物を頑強にするのではなく、地面と建物を積層ゴムやローラーなどで支持することにより、地面が揺れても建物は地面と固定されていないので建物はほとんど揺れないという構造です。

超高層建築物で多く採用されていましたが、最近では戸建て住宅でも採用されるようになってきましたが、どうしても価格が高くなるのが難点です。”