ネット面積 とは

ネット面積 とは

オフィス賃貸における契約面積には、大きく分けて二つの種類があります。

ネット面積とは、賃室面積がオフィス専用部分のみで算出されているものです。

オフィス専用部分とは、トイレや、水回り・給湯スペース、廊下、エレベーターホールなど、オフィススペースとして使用出来ない部分の面積を除いた執務スペースのことです。

反対に、トイレや、水回り・給湯スペース、廊下、エレベータホールなど、オフィススペースとして使用出来ない部分の面積も加えて算出されているものを、グロス面積と呼びます。

賃貸借契約を締結する際は、この二種類のどちらが物件情報として記載されているのかをしっかりと確認するようにしましょう。