二重床工法 とは

二重床工法 とは

二重床工法とは、防振や遮音、断熱や防寒を目的として床板を二重に張る工法です。鉄筋コンクリート構造における床板をスラブといいますが、スラブと、上に重ねられる床板の間に根太、支柱を置いて空間をつくる工法を置き床工法といい、間に弾力性のある防振材を据え付け音を遮断し絶縁する、浮き床工法、別名浮き工法があります。浮き床工法は、部屋を歩く音やピアノの音を防振材で吸収し、音が床を伝わって響かないようにします。