延べ面積・延べ床面積とは

延べ面積・延べ床面積とは

建築物の面積の算定としては、建築面積と床面積が使用されますが、それぞれに建築基準法上は役割が異なっており、延べ面積/延べ床面積は各階床面積を合計したものを指します。

建築的には、それぞれの階の総計をどちらかの表現を用いて行われており、基本的には壁、その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積となります。

注意が必要となるのは、建物の形状によっては建築面積と必ずしも同じ面積とならない場合があり、また、床面積の算定に関しても、例えば、ピロティやポーチ、吹きさらしの廊下や出窓といった部分に対しては面積算入の基準が定められているために不明な場合には官公庁などの建設部に事前に確認をする必要があります。

合計となる延べ面積に関しても、容積率の算定においては自動車車庫や駐輪場などは緩和規定があり、特に高層物件の場合などにおいては確認が必要となります。それは、建物がどの位の階層まで建築が可能なのかに関しても大きく影響することになるために大切な内容となってきます。