リサイクルとは

リサイクルとは

地球環境の悪化や資源保護などにおいて、再生と言う事が必要になっています。
再生と言うのは、再び資源として利用すると言うものであり、建築の中においての再生には、建築リサイクル法と言う法律が定められており、解体を行う時には分別解体を行う事が義務付けられています。

分別する事で再生を容易に行う事が出来る、分別されたものを適正な方法で輸送を行い、処理を行うためのマニフェストを作成する事で再生を容易に行う事が出来るなどのメリットが在ります。

住宅を取り壊したり、原状回復工事を行う事で要らないものが大量に出て来ることになります。しかし、要らないものと言うのは、その場所で不要と言う意味であり、再生を行う事で再び利用する事が可能になります。

従来行われていた、ミンチ解体と呼ばれる方法で建物を取り壊してしまうと再生する時にガラスや木材、金属、陶器など様々なものが混ざってしまい、再生させることが出来なくなりますが、分別を行う事により再生を容易に行えるようになると言ったメリットが在ります。