スケルトンインフィルとは

スケルトンインフィルとは

現代の住宅は住む人の発想により自由に間取りを設計できることが良い住宅とされ、既存の間取りに拘らない発想でより快適な住まいを実現する人が増えています。

その為、自由な間取りの実現を行うためには構造物の安定性や配管などの配置に関わらず、ある程度自由度の高い間取りや構造を持つ住宅を実現する必要があります。

この考え方はスケルトンインフィルと呼ばれ、建築物を支える構造体と電気や水道、ガスなどの配管を基本構造として考える一方、間仕切りとなる壁などを自由に設計することができるのが特長です。従来は壁面の中に配管を埋め込んだり、柱を併用する建築が多かったのですが、壁と配管と構造の要となる柱を設計上個別に扱うことで、リフォームやリノベーションの際の自由度を高めることにつながるものです。

現代の日本のマンションではこの考え方を取り入れ建築されている物も多く、部屋のバリエーションを効率よく個性的にする上でも大きく貢献しています。”