住宅性能表示制度 とは

住宅性能表示制度 とは

住宅性能表示制度とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づき、住宅の品質確保のために実施されている制度です。

住宅における様々な性能をわかりやすく表示する制度で、安心して住める良質な住宅を提供する市場の形成のため作られました。省エネ性能や遮音性など、表示の方法や評価基準の適正化のため共通ルールを設け、消費者が相互比較しやすいようにしています。また、性能の評価を客観的に行うため第三者機関を設置し、評価の信頼性を高めています。