借地権とは

借地権とは

借地権とは、借地借家法の下で認められている権利です。具体的には、土地を利用する権利のことを言います。似たようなものに地上権がありますが、地上権は所有者の権利を大きく制約するものであるため、一般的に地主は、借地契約を結んで相手に土地を貸します。

しかし、賃貸借契約は、物件である地上権と比べると、賃借人の権利が弱い債権です。例えば、土地所有者が第三者に土地を売却した場合、新所有者に対して自分の権利を主張することはできません。債権・債務関係は、民法上の原則では契約者間でしか有効ではなく、それよりも物件である所有権の方が勝るため、権利を主張することができないのです。

しかし、これでは大多数である土地を賃借している人達の権利が害される恐れがあり、妥当ではありません。そこで、現在では、借地借家法という特別法によって、借地上に登記された建物を所有している人は、物権と同じ効力を有し、誰に対しても権利を保護される権利となっています。