再資源化とは

再資源化とは

2002(平成14)年5月に全面施行された建設リサイクル法では、一定の規模を超える建築物の新築、修繕、解体などの工事の中でコンクリートや木材などの特定建設資材の廃棄物が生じた場合、工事の受注者は廃棄物を工事現場で分別し、そのあと再資源化しなければならないことが義務付けられています。

特定建設資材の廃棄物は工事受注者による処理によって、再生クラッシャーランや再生アスファルト混合物、木材チップなどといった資源に生まれ変わり、再び資材として活用されます。