制振とは

制振とは

制振は振動を押さえることを指し、一般的にはマンションなどの騒音対策として、振動などで伝わる個体音を制御することをいいます。音に関しては、空気振動によって伝わるものと、例えば、人の足音などのように建物を伝わって感じるものや水道やトイレなどのように排水管を通して伝わってくる個体音があり、この場合にはゴムなどの免振材を施すことによってある程度の音の軽減を図ることができます。

もう1つの意味としては地震に対して用いられる場合もあり、ここでは表現方法としては制震として行われることもあります。内容としては、地震対策としては中間の措置に位置しており、工法にもよりますが揺れに関して約20%~50%程度の軽減をすることができるようになっています。建築物に関しては住宅などで用いられている場合が多く、建物の一部に稼働部分を設けることで揺れを吸収する工法を中心として施工が行われています。メーカーによっては振動ダンパーなどの表現を用いている場合もありますが、商品としては様々なものが開発され提供が行われています。