制震構造 とは

制震構造 とは

制震構造とは、地震や暴風雨などの建物を揺らすエネルギーが加わった時に、制震装置によって揺れを抑える建物の構造の事を意味します。

建物の柱や梁などの重要部分に制震装置を組み込むと、地面から伝わった震動が装置に吸収されます。上の階になるほど揺れが強くなる高層ビルなどで特に有効な方法です。

使われる制震ダンバーは、アクティブ部とパッシブ部に分かれていて、高減衰ゴムやオイルダンバーなどの素材がエネルギーを吸収してくれます。